いろいろ(催眠・潜在意識・心)

色と潜在意識と自律神経
世界中で新型コロナウィルス感染拡大が大きな問題になっている今、 ストレスの自覚はがない方でも、それなりにストレスがかかってきているそうです。 鍼灸の先生がおっしゃっていました。 多くの患者さんの脈が明らかにコロナ前と後では違うらしいです。 「病気」の範囲には入らないレベルで、です。 いつもより少し肩が凝る気がする。...

ヒプノセラピーと副交感神経
自律神経には、活発時に優位な交感神経とリラックス時に優位な副交感神経があります。 ふたつがバランスよく働くと自立神経は整い、心すこやかになります。 ストレス状態では交感神経が活発にがんばりますが、 副交感神経を働かせることで緊張がほぐれていきます。 どちらもバランスよく働いてくれることが大切です。...

ヒプノセラピーと自律神経
世界中が新型コロナウィルスの感染にさられている今。 人と関わる機会も減らさなければならず、 人と関わる方法も変化しています。 人々の神経は緊張して疲労しています。 自律神経を整えることを心がけましょう。 3つのポイント。 ①【音や声】 ・音楽を聴いて本を読んだり ・お散歩で小鳥のさえずりや木の葉の重なる音を耳にする...

苦手意識と暗示イメージ
苦手なことは誰にでもあります。 苦手意識は自分で自分に言い聞かせていることでもあります。 自分で「苦手」と思うと、この気持ちが自分の無意識(潜在意識)の中に 入り込み、苦手意識となっていくのです。 自分で思うのがいちばん強力に無意識(潜在意識)に入りやすいのです。 自分で自分に与える思いを自己暗示といいます。...

思い込みと催眠状態
与えられた情報が違うと、味覚まで変わります。 同じ食べ物でも「名前」や「説明」が違うと、 人は味の感じ方が変わるんです。 なぜか? 食べる前に人は「情報」によって「思い込み」を行います。 思い込みの力は絶大です。 先入観と言ってもいいし、 暗示とも言えます。 先日放送のNHK「食の起源 第5集「美食」~人類の果てなき欲望 !?」 脳と味覚の特集でした。...

ヒプノセラピー(催眠療法)を現実の生活にいかす
スピリチュアルなセンスを求める。 目に見えない世界とつながることを求める。 どうしたらスピリチュアルな感覚になれるかを模索し、 いろいろ試してみる方はとても多く感じます。 いいことだと思います。 ただ、一番大切なことを忘れている方がいます。 はじめの一歩を忘れちゃってるかもしれない方が。。 地に足をつけることが第一歩と思います。...

催眠と暗示イメージで目標実現
「思った通りにならない」 「願いが実現しない」 それには自己暗示力、思い込みの力が関係しています。 「思った通りにならない」のは、 「私はいつも思った通りにならない」という自己暗示をかけているからかもしれません。 「願いが実現しない」のは、 「私はいつも願いが実現しない」という自己暗示をかけているからかもしれません。...

札幌ヒプノ
精神科医のユングは心理学では超有名人です。 彼が重視したことの1つに「共時性」があります。 シンクロニシティという言葉を耳にしたことはありますか? スピリチュアルに興味をお持ちであれば聞いたことがある方も多いと思います。 世の中の色々な出来事は因果関係があることが多いです。 原因があって結果がある。...

寝つき自己催眠
いつも寝つきが悪いという方に、自己催眠をおすすめします。 脳神経外科医の築山節先生もおっしゃっています。 ご著書『脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める』より。...

「あなたのラッキーアイテムはこれ」 と書いてある物を持って、実際にラッキーだった方もいることでしょう。 もちろんその逆も。 これには「暗示」が関わっていることが大いにあります。 本当はそのアイテムじゃなくても良かったのかもしれない。 持っていてもラッキーにならなかったかもしれない。 ラッキーの効果を感じた理由の1つは「信じる力」...

さらに表示する