ヒプノセラピー(催眠療法)

認知症に限らず、脳障害などで意思疎通がままならないことがあります。 ほかにも、さまざまな闘病中でコミュニケーションがうまくいかないこともあります。 イライラしたり。 辛い思いをしたり。 八つ当たりしたり。 そして、自己嫌悪に陥る。 身近な方は、実に様々な感情を抱くと思います。 愛情のみならず、 共感、 同情、 寂しさ、...
講座を行うようになってわかったことがいくつかあります。 そのなかの1つ。 ヒプノセラピストを目指す方が結構いらっしゃるということ。 とても嬉しく、とても心強く感じています。 ヒプノセラピー(催眠療法)は特別なセラピー、 との印象をお持ちの方もいらっしゃるようですが、結構「普通」です。 もちろんある程度のプロセスやテクニックは必要です。...
Holistic Oneのヒプノセラピー(催眠療法)では 「人から指摘されるのではなく、自分で実感し発見する」 を大切にしています。 自分と異なる意見でも、理解・納得できるものもあります。 ひとつの意見として聞き、 良ければ取り入れ、 不要であれば排除することもできます。 でも、頭では納得していても腑に落ちない時もあります。...
イメージトレーニング メンタルトレーニング 聞いたことがあると思います。 他の言葉でいうとイメージ療法ともいいます。 催眠療法(ヒプノセラピー)のひとつです。 感覚・感情も含めてイメージして理想の姿の実現を目指すものです。 イメージトレーニング(イメージ療法)ではあらゆる場面を想定して行います。...
幸せな経験。 不愉快な経験。 重くて苦い経験。 すべての経験を経ての今。 無駄な経験はひとつもないはず。 苦しい経験をしたから幸せを感じることができます。 幸せな経験をしたから苦しみを感じます。 「幸せな経験だけがいい」と思ってもそうはいきません。 そして、実際に幸せしか知らないとどうなのでしょう? 人の優しさに気づけない。...
催眠ときいて、 「どんな風になるのかな?」 「なんでも話してしまうのかな?」 一切ありません。 意識不明ではなく意識があるから、言いたくないことは言わないのです。 催眠は、 入りたいと思えば入るし、入らないと決めていれば入りません。 催眠に入る深さの程度には個人差はありますが。 催眠は特別な状態ではなく、1日に何回も起きています。...
大切な方が亡くなって半年は寂しさや悲しみが続くとされています。 これは誰にでも起こりうる状態で悲嘆と表現されます。 悲嘆が半年以上つづくと複雑性悲嘆といわれます。 半年はあっという間です。 「二度と会うことができない」 「電話して声を聞くこともできない」 「メールをしても決して返事は来ない」...
札幌催眠ヒプノ前世
前世退行で出会う人々。 その方達はたぶん今世でも出会う人々。 そんな気がします。 間柄は今と同じとは限りません。 既に出会っているひと 出会ったけれど別れたひと 連絡はあまりとっていないけれど、つかず離れずのひと ご家族、パートナー、お友達などの関係が濃い方達だけ登場してくるわけではありません。...

前世
多くの皆様が日々いろいろなことで笑ったり怒ったり、泣いたり悩んだりしながら過ごしています。 どうにか解決して進んでいけることもあれば、にっちもさっちもいかなくなったり。 そして、なぜかいつも同じようなことの繰り返しになったり。 「どうして私ばっかりこんな目に?」 「何をどうしたらいいっていうの?」 「いつになったら解放されるの?」...

催眠療法
催眠という言葉を聞くと、 「言いたくないことも言ってしまうのだろうか」 「何かをさせられるのだろうか」 「自分の意識はどうなっているのだろうか」 自分の意志に反する言動をしてしまうのではないか? と不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 それは絶対にありません。 なぜなら、催眠状態にはみなさん日常的に入っているから。...

さらに表示する