笑うと副交感神経が働いて免疫力があがる

 

自律神経には、活発時に優位な交感神経とリラックス時に優位な副交感神経があります。

 

ふたつがバランスよく働くと自立神経は整い、心すこやかになります。

 

ストレス状態では交感神経が活発にがんばりますが、

副交感神経を働かせることで緊張がほぐれていきます。

 

どちらもバランスよく働いてくれることが大切です。

 

緊張やストレスをやわらげる副交感神経を働かせる方法は色々ありますが、

笑うことも1つです。

 

声を出して笑うとスッキリして元気が出ます。

 

笑うと、副交感神経が働いて自律神経のバランスを整えてくれるからです。

緊張をほぐしてストレスを減らし、リラックスします。

 

お腹を抱えて笑う時、自然に腹式呼吸になっていると聞いたことがあります。

酸素をいっぱい取り入れるので血流が上がるそうです。

血流が促進されると、脳の血行も良くなり頭の働きも良くなりますよね。

 

笑うことは、リラックスにつながるだけではなく、脳も刺激するので活性化して

免疫力もあがるそうです。

 

そうなると幸せホルモンが分泌されて生き生きしてきます。

 

脳はだまされやすい性質を持っているので、作り笑いでも「いいことがあって笑っている」ととらえます。

 

そうなると潜在意識は「いいこと」がもっと与えられるような状況に導きます。

 

自分の都合がいいように、笑うことで自分の脳をだましてみて下さい。

「笑いたくなるような幸せな出来事」がやって来ます。