苦手意識は自分で「苦手だ」と思い込んでいる自己暗示だから別の暗示に置き換えればいい

 

苦手なことは誰にでもあります。

 

苦手意識は自分で自分に言い聞かせていることでもあります。

  

自分で「苦手」と思うと、この気持ちが自分の無意識(潜在意識)の中に

入り込み、苦手意識となっていくのです。

自分で思うのがいちばん強力に無意識(潜在意識)に入りやすいのです。

 

自分で自分に与える思いを自己暗示といいます。

暗示は催眠のひとつで自己催眠ともいいます。

 

潜在意識にインプットされた自己暗示(自己催眠)によって、現実になっていくのです。

 

苦手だと思うと、本当に苦手になっていきます。

苦手意識は自分で生み出している感覚ともいえるのです。

 

ただ、頭でわかっていても実際に行動や思考を変えるのは

うまくいかないことも有ります。

 

「そのうち上手く出来る」

と、根拠のない自信を持つことで上手く出来るようになります。

 

自分の思考は他の誰でもない自分のものですから。

 

根拠のない自信を持てるように自己暗示をしてみて下さい。

別の暗示にしてみましょう。

 

「私は毎日あらゆる面でどんどん良くなる」by エミール・クーエ