寝つきが悪い時の自己催眠

寝つき自己催眠

 

時々寝つきが悪いことは誰にでもありますが、いつも寝つきが悪いというのであれば自己催眠をおすすめします。

 

自己催眠は簡単です。

 

例えば、

 

「〇〇をする時にはその前に●●を行う」とか

 

「〇〇をしたら決まって●●がうまくいく」

 

 

という、ルーティンのようなジンクスのようなことをお持ちの方は多いと思います。

 

イチローさんが打席に入る時に決まって行う仕草もそうです。

浅田真央さんがリンクに入る時は左足からというのもそうです。

 

これはその動きをするとうまくいくという自己催眠、自己暗示です。

 

寝つきが、悪いならば、ある決まったパターン(ルーティン)を持つことを試してみてください。

 

寝る前に同じ行動をするのです。

 

 

脳神経外科医の築山節先生もご著書『脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める』の中で下記のようにおっしゃっています。

 

『入眠儀式という一種の自己催眠で、たとえば夕食後、片付け→勉強→入浴→明日の準備→読書→就寝・・・という一連の行動を毎日繰り返しているとその活動の後には必ず眠たくなってきます。』

 

『布団に入ったら、足の指から順に、足→腰→背中→手の指→腕→肩→首と意識して力を抜いていきましょう。

特に毎日プレッシャーの中で仕事をしている人は、寝ようとしている時でも体に力が入っているので、この習慣が有効だと考えられます。』

 

 

どの分野においても万人に有効というものはありませんが、試す価値はあると思います。