”思いやり”と”気がね”

オーラライトカラーセラピーリーディング

思いやりと気がねをごちゃまぜにしてしまうことって結構あるのかもしれません。

 

思いやり、は相手がどう感じるか・どうしたら嬉しいか、をベースにしていて、

気がね、は相手にどう思われるか、がベースになっている感じでしょうか。

 

そう考えると、気がねは自分が傷つくのを恐れていたり、自分の言動に自信を持てずにいるから出てくるのかもしれません。

無意識に自分の言動を制限してしまい、本来の自分を出し切れずにいます。

コミュニケーションがちょっと変わっていってしまうかもしれませんよね。

 

本当の自分はもっと素直、本当の自分はもっと強い。

 

いま親しくしている方々はあなたを大切に思ってくれているでしょうから、気がねしないで接してみて下さい。

今までよりさらに自分らしい笑顔を出せるようになります。

そんな笑顔を見ている周りの方々は嬉しくなります。

 

そこからはプラスの連鎖です。

次から次にちょっとした幸せが続々と続いていくような気がしてきませんか?