死は永遠の別れではない

エンジェルオラクルカードリーディング


「死がふたりを分かつまで」と結婚式での誓いの言葉にありますが、死によっても魂までは別れさせることはないのではないでしょうか。


死によって別れるのは、この世とあの世。生きる場所の違いという感じでしょうか。

この世に残ったほうも必ず死を迎えます。

直接触れることはできなくなりますが、魂のつながり・絆が消滅するわけではありません。


「心のなかで生きている」という言葉。

ありきたり感にあふれていて面白みがなく感じられますが、言い得て妙だと思いませんか?


死によって物理的に身体が離れて、会うことがなくなったからといって、心のなかからいなくなってしまうことはないですよね。


一緒にお食事したり笑ったり喧嘩したりすることはなくなってしまいますが、その存在を感じることはできると思います。


たとえばエンジェルカードで、たとえばヒプノセラピー(催眠療法)で、そしてたとえば夢の中で天国にいる大切な存在からのメッセージを受け取ることは出来ると思いませんか?


信じる信じないは個人の自由です。

ただ、信じられるのであればロマンを感じてあたたかい気持ちになれること必至ではないでしょうか。