オーラライト(カラーセラピー)は色占いではないんです

オーラライトカラーセラピー


オーラライトはカラーセラピー(色彩心理療法)のひとつです。


カラーセラピーは世界中に古くからある色彩療法ですが、発祥地や創始者によっていくつものシステムがあります。オーラライトはイギリス発祥のものです。


カラフルな色の瓶を直感で選んでいくという方法ですが、「占いみたい」と感じる方も少なくないようです。

占いではなく、いま自分がある状況を改善するためのきっかけ、自分が望む将来のために今やるべきこと・気をつけることに気づき進んで行く道しるべ、のようなものです。


直感で選ぶことで、自分で気づいていない自分の気持ちや本来持っている性質を知る可能性があります。


色のもつ意味は無数にありますし、そこから何をどう感じるかはご本人にしかわからないことです。

その時にもし「ん?」と感じた色の意味は、あくまで「気づきのきっかけ」に過ぎず、そこから自分が望む方向や状況を見据えて今を見つめ直していけるものがオーラライトカラーセラピーだと思っています。


こちらはその場に一緒に居合わせるガイド役です。

そういう点ではヒプノセラピー(催眠療法)も同じです。


色の意味に当てはめるのではなく、普段は気づいていない・忘れているご自身の無意識・潜在意識、心の声に耳を傾けていくものだと考えています。


たまにはそういう時間をつくって気分転換しませんか?♪