死は悲しいのではなく寂しいこと

死別

死というと悲しいものという印象がとても強いですよね。

 

ヒプノセラピー(催眠療法)をしていて感じることですが、

死はとても寂しいものですが、悲しむべきことではない・・・。

そんなことをよく思います。

 

別れはとても寂しいですが、関係はそこで終わりはしないと思います。

魂の関係は死をもってしても途切れることなく続くと思うのです。

 

肉体的物理的には見えなくなってしまうので、まるで永遠に別れてしまうように思えますが

魂の存在は消えることなく、それまでと一切変わらず、あるいはそれ以上に絆は続いていきます。

 

ヒプノセラピーでは現実的には会えない大切な存在を大きな愛をもって感じることができます。

そこで得る癒しはとても大きく温かいものです。

 

寂しさを感じることはあたりまえのことですよね。

でもそこで悲しむのではなく愛を感じられる可能性がヒプノセラピーには含まれています。