「この人ににらまれると厄介」な時の対応

ヒプノセラピーカラーセラピー

 

職場や学校、趣味やご近所との関わり合いの中で

「この人ににらまれると厄介」な人物、いますよね?

 

そういう人物は「自分が一番」にならないと気に入らないことが多いです。

 

こちらはいたって普通に接していて、もちろん何も悪いことなんかしていません。

が、にらまれてしまうことってあるんです。

 

「にらまれる」前に「ねたまれる」。

嫉妬ですね。

 

一番になりたい方は、自分にないものを持っている人をねたみます。

誰にでもある感情です。

自分にないものを持っていることはうらやましいですよね。

そうであればそれをめざせばいいのですが、道をまちがえてうらやましさを「嫉妬」に変化させてしまう種類の方々も少なくないんです。

 

そしてその「ねたみターゲット」になってしまったら・・・。

いやですよね!?

嫌です嫌です。

 

でも今度はその「嫌悪感」が伝わってしまうんです。

怖い怖い。

 

そしたらそれも伝わってしまうんです。

じゃあ、どうしたらいいの??

 

どうせ伝わるなら「好き」を伝えればいいんです。

好きになれなくても「あなたのことは好き」と思って接したらいいんです。それだけです。

自分を好いている人に意地悪はしにくいものですから、ターゲットから外される確率がグンと上がります。

 

嫌悪感や恐怖感ではなく好意を持とうとすると、あなたの霊格もあがります。

 

困っている方がいたら教えてあげてくださいね。