身体の不調は心の不調からくることもある

ストレスとセラピー


気持ちが不安定な時や、我慢が続いている時、ストレスも本人の許容範囲を超えるとさすがにツラくなってきますよね。


過剰なストレスを受けると「うつ」になる、と言われて結構たちますが、うつだけではありません。


身体のあちこちに「さりげないサイン」が出始めたりします。


状況や物事を自分のなかで長いあいだ消化できずに神経を使っていると胃痛がおきたり、

言いたいことを我慢し続けていると口内炎が出てきたり、

本来その方が行くべき道からそれていくと腰が痛くなったり、

などなど、いろいろなことが言われています。


でも、

「あ、ちょっと頭が痛い気がする!これはストレスのせいかしら??」

なんて、心配して意識しすぎるのも良くないと思いますが。。(かえってそれがストレスになったりして、苦笑)


さりげないサインに気づいて自分自身の状況を見なおしていたわっていく。

ヒプノセラピー(催眠療法)やエンジェルカードリーディング、そしてオーラライトカラーセラピーにはそのヒントを得るきっかけを見つけられる可能性があります。