”情けは人の為ならず”

オーラライトカラーセラピー


「情けは人の為ならず」


情けをかけることはその人のためにならない、と解釈されがちな諺のひとつですね。


情けをかけ人に親切にすることは、その相手のためではなく自分のためである。

という意味ですよね。


人のためを思ってしたことが、自分にもかえってくることがあります。

気づかなくても、めぐりめぐって自分も誰かから親切にされたり、良いことがおきます。


ひとのためを思っての行いが最終的には自分に戻ってくる。

結局は自分のためになる。


諺には深い意味が含まれていますね。