幸せかどうかを決めるのは他人ではなく自分

催眠ヒプノ


周りから見て「あの人、幸せでいいな」と思えても、深い悩みを抱えていることもありますし、

「うわ~、大変でかわいそう」に見えても本人は幸せを感じていることもあります。


当事者にしか分からないことだらけです。

それを傍から見て幸せか不幸かを決めつけるのは愚かなことだと思います。


問題のレベルだけではなく、当事者の許容量も関係してきます。


小さく見える問題しかなくても大騒ぎしているように見える方がいても、それはその方の許容範囲によってはとってもツラい状況なのだと思います。


一方では、

どんなに大きな問題がいくつもあっても、意地や根性・大きい許容量をもっていれば乗り切れる方もいます。


幸せか不幸かは他人が決めることではありません。

周りからみて不幸に見えても、本人が幸せだと思えば誰が何と言おうと幸せなのです。

周りからみて幸せに見えても、本人が不幸だと思えば不幸なのです。


つらい状況に陥っても、そこに何かほんの小さな幸せポイントを見つけられたら幸せだと思います。



雪かきのこの季節、除雪作業ができる健康体を持っていることに感謝です・・・(苦笑)。