札幌 ヒプノセラピーカウンセリングオフィス ホリスティックワン

催眠療法(ヒプノセラピー)とは
前世療法・年齢退行療法ほか
グリーフセラピー(悲嘆療法)
GIFT(イメージトレーニング)
リラクゼーション
体験談
ご予約状況の確認
ご予約フォーム
アクセス
個人情報保護方針
ホリスティックワン オフィシャルブログ
神田裕子 アメーバブログ

 

カウンセリングオフィスHolistic One(ホリステッィクワン)は、完全予約制女性限定となっております。詳細についてはお問い合わせフォームまたは、vehdfelo.15@gmail.comまでご連絡ください。


「答えは自分のなかにある」と言われても・・・

エンジェルオラクル

よく言われる言葉のひとつに「答えは自分のなかにある」がありますよね?

 

たまに耳にしませんか?

 

でも、

「自分のなかって言ったってわかんないから!」

「それがわからないからアドバイスが欲しいのに」とか思いますよね?

 

迷路に入っているから悩むのに。迷うのに。ツラいのに。

 

 

そうですよね、頭で考えても答えが見つからないから歩みが止まっているのに。

これは頭で考えてもわかりませんよね。

 

でも、感情と思考を合わせて状況を見つめられる”催眠状態”を利用すれば出来たりします。

催眠状態では今の自分を客観的に俯瞰して見ることができます。

 

考えても自分の中に答えが見つかりませんが、それは思いっきり自分のことですから当然です。

自分を客観的に見つめられる時というのは落ち着いて穏やかでいる時です。

問題を抱えている時は多少なりとも疲れています。ストレスを抱えています。冷静なようで冷静ではありませんよね。

 

催眠状態ではそんな自分の状態を冷静に見つめることができるので、解決の糸口を見つけやすくなったりするのです。

 

天皇陛下の手術を執刀した天野篤先生は、

「手術中は何を考えているのですか?」という問いに対して

「手術を俯瞰して見ているもう一人の自分と会話しながら集中して行っています」と回答なさっていました。

 

催眠状態は非常に集中していますので、自分を冷静に俯瞰して見つめられるのです。

 

そのようにして自分のなかにある答えをみつけられたら新たな一歩につながるのだと思います。