自分のペースが”世間一般”と合わない時だってありますよね

ミニバラ

 

世間一般に「これが普通の流れ」とされているペースってありますよね。

 

「何歳になったらこうなるのが普通」

「就職して何年か経過したらこうなるのが普通」

「結婚したら子供が生まれるのが普通」

「実現しなそうな夢を追いかけるのはある程度の年齢になったらあきらめるのが普通」

 

たくさんありますよね、一般的だと思われている「普通」のペースって。

 

でも、ここに当てはまらないことだって当然あります。

それがまるで悪いことのように思ったり思われたりすることもあるかもしれません。

 

人にはそれぞれの「ペース」があります。

人より早いこと・遅いこと。

人が行っても自分は行わないこと。

 

「世間一般」と比べようとしたり、その尺度に当てはめようとすると苦しくなりますよね。

 

ただ、意外と忘れがちな「自分ができて人はできないこと」。

自分では気がつきにくいことかもしれませんが必ずあると思います。

 

周りと比べることに夢中になって、もしも自分がそのペースに当てはまらないことがあれば

焦りますし、無理やり頑張ろうとして空回りします。息切れしますよね。

 

息切れして歩みをとめてしまうよりも、亀のようにゆっくりにでも一歩一歩進んでいけば

必ず自分の行きつくべきところに到着するのではないかと思います。