札幌 ヒプノセラピーカウンセリングオフィス ホリスティックワン

催眠療法(ヒプノセラピー)とは
前世療法・年齢退行療法ほか
グリーフセラピー(悲嘆療法)
GIFT(イメージトレーニング)
リラクゼーション
体験談
ご予約状況の確認
ご予約フォーム
アクセス
個人情報保護方針
ホリスティックワン オフィシャルブログ
神田裕子 アメーバブログ

 

カウンセリングオフィスHolistic One(ホリステッィクワン)は、完全予約制女性限定となっております。詳細についてはお問い合わせフォームまたは、vehdfelo.15@gmail.comまでご連絡ください。


”苦手意識”は自己暗示であり自己催眠なのです

朝顔

 

苦手だなと思うことは誰にもあると思います。

 

この”苦手意識”は実は自分で自分に言い聞かせていることでもあるのです。

 

自分が得意なことについて、人から「あなたはこれが苦手だね」と言われたとしても、

得意だという気持ちがブレなければ苦手意識は生まれませんよね。

 

でも自分で「苦手だ」と思うと、この気持ちが自分の無意識(潜在意識)の中に

入り込み、苦手意識となっていくのです。

自分で思う事柄こそ、もっとも無意識(潜在意識)に入りやすいのです。

 

自分で自分に与える思いは自己暗示と言われます。

暗示は催眠のなかのひとつですので、自己催眠とも言います。

そのようにインプットされた自己暗示(自己催眠)により、本当にそのようになっていくのです。

 

苦手だと自分で思うと、本当に苦手になっていきます。

苦手意識は自分で生み出している感覚ともいえるのです。

 

ただ、理屈ではわかってはいても実際に行動や思考の変化をしていくのは

最初は簡単ではないかもしれませんが、

「今は上手じゃないだけでそのうち上手く出来る」と根拠のない自信をもっていけばきっと

上手く出来るようになると思います。

 

自分の思考は他の誰でもない自分のものですから。。。