催眠状態って、実は毎日何回も起きている状態なのです

薄紫フラワー

 

「催眠」と聞くと、

”どうにかなってしまうのではないか”、”なんでも話してしまうのではないか”など

色々な心配を持つ方が少なくないようです。。

 

そのようなことは一切ありません(笑)。

なんでも話させてしまうのであれば、それは魔法みたいですよね。

 

催眠は、入りたいと思えば入るし、入らないと決めていれば入りません。

催眠に入る深さの程度には個人差はありますけれど。

 

催眠状態は特別な状態ではなく、日に何回も起きている状態なのです。

毎日歩いている道を無意識に通って気が付いたら目的地に着いていた。

お風呂に入っていて時間が経つのを忘れていた。

ご家族やお友達と楽しくおしゃべりをしていたら時間が経っていた。 なども催眠状態です。

 

映画館で夢中になっている時を思い出してみて下さい。

面白い本を読んでいる時を思い出してみて下さい。

 

夢中になっていても周りの音や声は聞こえているし、座り続けていて腰が痛くなるのも感じます。

隣の人に肩をたたかれて気づいているけど、めんどくさいから返事はあとにしようと思ったり。

 

決して意識不明ではありませんし(笑)、自分の思考はとってもはっきりしています。

 

ただ、催眠状態ではない時との違いは、

催眠状態ではとってもしっかりしていて集中している思考であるのと同時に

感情や感覚もはっきりしていることです。

 

「頭ではわかっているのに、気持ちがおいつかない」という時に、

催眠状態になって、頭と気持ちのバランスの調整をつけることで楽になれるのは

このような理屈からなのです。

 

催眠には深いリラックス作用があるんですね。