札幌 ヒプノセラピーカウンセリングオフィス ホリスティックワン

催眠療法(ヒプノセラピー)とは
前世療法・年齢退行療法ほか
グリーフセラピー(悲嘆療法)
GIFT(イメージトレーニング)
リラクゼーション
体験談
ご予約状況の確認
ご予約フォーム
アクセス
個人情報保護方針
ホリスティックワン オフィシャルブログ
神田裕子 アメーバブログ

 

カウンセリングオフィスHolistic One(ホリステッィクワン)は、完全予約制女性限定となっております。詳細についてはお問い合わせフォームまたは、vehdfelo.15@gmail.comまでご連絡ください。


セッションメニュー / 料金

ヒプノセラピー個人セッション料金 (完全予約制・女性限定)

 

カウンセリングとセッション(3時間)       22,000

 

カウンセリングとリラクセーション(90分)   10,000円

(こちらは問題に言及することなく、リラックスと催眠体験を目的としています)

 

セッション時間帯  ・10時~  ・11時~  ・12時~  ・13時~

 

ご予約カレンダーをご確認のうえ、ご予約フォームよりお申込み下さいますようお願いいたします。

なお、上記時間帯以外をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

ご希望にお応えできる場合もございます。


退行療法(年齢退行・胎児期退行・前世<過去世>退行)

「頭では分かっているのに気持ちがついていかない・・・」「何だかいつも同じパターンに陥ってしまう・・・」「よく同じ気持ちが湧いてくる」という経験は誰にでもあります。

これは潜在意識に植え込まれている記憶によって今の自分の行動パターンや思考パターンが作られているからです。

 

退行療法では、過去のどこに原因があるのかを探り、問題の解消・解決・減少をはかっていきます。

 

年齢退行療法

自分ではすっかり忘れてしまっている出来事、そしてその時の感情や感覚も潜在意識には全て残っていて、それが今の自分を作っています。

潜在意識に眠っている過去の経験の恐怖感や不安感、焦燥感や不快感などの負の感情が、何かをきっかけに今の自分によみがえってくることがあります。

 

クリティカルファクターの膜が出来る前の幼少期の経験は、知らず知らずのうちに特に大きな影響を与えています。

幼少期に潜在意識に植え込まれた体験・感情・感覚が何かのきっかけで顕在意識にあらわれた時に、気持ちが苦しくなったり不安を感じることがあります。

大人になってから振り返るともちろん「何も問題なく」思える事柄でも、子供だった自分がそう感じたとは限りません。

 

例えば、子供の時にお母さんに「遊んで」と言ったら「今、手が離せないから後でね」と言われたとします。ある時は何とも思いませんが、別の時には寂しく感じるかもしれません。その寂しい感情も潜在意識は記憶しているのです。

そういう些細な出来事であっても今の自分に少なからず影響を与えているのです。

 

過去の経験によって傷ついている場合、その経験や事柄を今から取り消すことは出来ませんが、今の自分を辛くしているのはその時の感情なので、その経験に対するとらえ方が変われば今の気持ちも変わっていくのです。

 

年齢退行療法とは、今の自分のなかで問題となっているテーマに関わる時期(主に幼少期)に催眠で退行し、原因となっているその時の負の感情・感覚を癒し、手放すことによって本来のありのままの自分を取り戻すことを目ざすものです。

 

胎児期退行療法

母親の胎内にいた時の記憶が、現在の自分に影響を与えていることがあります。

年齢退行と同様ですが、それ以前の胎児期の自分を癒す療法です。

 

前世(過去世)退行療法

アメリカの精神科医ブライアンL.ワイス博士の著書『前世療法』(PHP研究所)により一般的に有名になった療法です。

 

催眠で前世(過去世)に退行してその人生を振り返り、当時の人生での使命や現在の人生との関わりを見つめ、その前世での死を通してその人生での学びや気づき・やり残した課題などを考えることによって、今の自分を見直していくことができる療法です。

 

また、前世から引きずっている思い癖や身体の不調などにより、今の自分へ与えている影響があればそれを感じることもできます。

 

この療法では、自分で前世の人生を死の場面まで体験しなおすことで、喜怒哀楽の感情・感覚を味わいつつ様々な学び・気づきを得ることができます。同時に、今の自分への課題にも気づけるので、今後自分が進むべき道や行うべきことが見つかることもあります。また、普段は気づかずに過ごしている幸せを改めて認識して癒しを得ることもできます。

 

前世が存在するのかは分かりませんが、この療法を行うとほとんど全ての方が何かしらの前世を体験します。その時にその方に必要なメッセージを感じるのだと思います。前世が本物なのかどうかより、そこで何を感じ、何に気づくかということが大切だと思っています。

 

グリーフセラピー(悲嘆療法)

大切な家族や友人、ペットとの死別は誰にとっても辛いものですが、なかなか乗り越えられずに悲しみの中にいると日々の生活も苦しいものになります。

グリーフセラピー(悲嘆療法)では、催眠状態で大切な存在とコミュニケーションを行うことによって癒しを得、別れてもなお心はそばにあることを実感し、優しい気持ちで前に進んでいけるように自分をたてなおすことを目的としています。

この療法は、病気などで意思疎通がままならない方、流産で別れた子供とのコミュニケーションについても同様です。言葉での意思疎通が叶わなくても、催眠状態であれば心の奥底の潜在意識で感じ合うことは可能です。

相手とコミュニケーションがとれず未完のまま行くあてがなくなってしまっている感情を完結させることで、新たな一歩を踏み出すきっかけとなる、愛と感動をともなう療法です。

 

GIFT(Goal Image Focusing Technique)

GIFT(ゴール・イメージ・フォーカシング・テクニック)は、明確な目標・ビジョンを持っている場合、自分をより良く変えたい場合やあるいは達成したい課題がある場合などに、なりたい理想の自分像(ゴール)を具体的にイメージし、それに向かって実現していこうとするものです。

人に言われてするより、何より自分自身のイメージする力で実現に向かっていくことに勝る達成方法はありません。

メンタルトレーニング・イメージトレーニングとも言われる、様々なジャンルに使える幅広い療法です。

 

GIFTでは、自分の理想像・達成像を、感覚・感情とともにイメージすることで潜在意識に植え込み、その理想像を現実のものにしていきます。

モチベーションを強くもつこと、具体的な達成像をつくること、達成時の気持ち・感覚を想像する、達成するための課題とその克服法をさがす、課題を克服して達成した自分の姿を感じること、などを細かくイメージして目標に向かっていく力強い療法です。

 

パーツセラピー(副人格療法)

パーツセラピーは、副人格療法・分身療法とも言い換えることができる療法です。

自分自身の色々な側面を向き合わせていくことで、自分に問題や病気を与えている理由、解決策を模索していきます。

深い洞察をしていくことにより、新たな自分の側面を発見することもあるユニークな療法です。

 

リラクセーション

催眠状態はとてもリラックスしている状態です。

この状態では心だけではなく身体もほぐれていくので、ストレスから解放されたい時に行うとエステで味わうようなリラクセーションを感じることができます。