札幌 ヒプノセラピーカウンセリングオフィス ホリスティックワン

催眠療法(ヒプノセラピー)とは
グリーフセラピー(悲嘆療法)
GIFT(イメージトレーニング)
リラクゼーション
体験談
ご予約状況の確認
ご予約フォーム
アクセス
個人情報保護方針
ホリスティックワン オフィシャルブログ
神田裕子 アメーバブログ

 

カウンセリングオフィスHolistic One(ホリステッィクワン)は、完全予約制女性限定となっております。詳細についてはお問い合わせフォームまたは、vehdfelo.15@gmail.comまでご連絡ください。


プロフィール

神田裕子(かんだゆうこ)

日本心理学会認定心理士

米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)認定セラピスト

米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)認定セラピスト

日本ホリスティックアカデミー(Japan Holistic Academy)認定セラピスト

The Weiss Institute プロフェッショナル・トレーニング修了

オーラライトシニアカラーセラピスト

TCカラーセラピートレーナー

(公)AEAJアロマテラピーアドバイザー

 

臨床心理士を志し、大学で心理学を専攻しました。

 

講義や実習のほかに、実際のカウンセラーの方々にお会いしましたが、「これなら精神科医の先生に診てもらう方がいい」と思うようになり、心理カウンセラーに魅力を感じなくなり、卒業後は一般事務の仕事に就きました。 

その後、普通に読書していた中に、アメリカの精神科医ブライアン・ワイス氏の『前世療法』がありました。「催眠」について大学で習った時には何も感じませんでしたが、この本を読んだことで催眠療法(ヒプノセラピー)に強い興味を持ち、それ以来、日本の催眠療法の第一人者である村井啓一先生に師事し始めました。

 

はじめは「催眠ってどんなものだろうか、今は良さそうに感じているけれど実際は妙なものかもしれない」という疑心暗鬼の気持ちから、とりあえず様子見という感じで2日間の講習を受けてみました。受講後その思いは消え、その後、数年をかけて村井啓一先生から退行療法(年齢退行・前世退行)のプロフェッショナルセラピストとしてのスキルと心構えを学びました。

また、催眠療法を学ぶ最初のきっかけとなったブライアン・ワイス先生からもアメリカで直接プロフェッショナルトレーニングを受けました。

 

大学卒業後は一般事務の仕事に約20年間就いていましたが、その中でも様々なことを学ぶことが出来ました。また、バリバリ仕事をしていた父がある日突然倒れ身体の自由と言葉を失いましたが、その介護生活を送るなかで気づかされることがたくさんありました。

 

催眠療法は、カウンセラー・セラピストに諭されるものではなく自分で自分を癒せる心理療法だと思っています。

ヒプノセラピストとは、ただそこにいるちょっとしたガイド役であり、クライアントの方がご自身の力で色々なことに気づいていく、その場に居合わせる存在なだけだと思っています。

 

 

 


お申し込み/お問い合せはこちら